flower border

本日、アクセル全開!

元気で可愛いトイプードルの女の仔♪アクセルの日記です

網膜変性症とは?

Category〇 闘病日記 〇
前回の続きです。。。
(セミナーの内容は、ひとまず今日が最終回になります!)



網膜変性症にはいくつかタイプがあるのですが
犬に多く見られるのは、進行性網膜委縮(PRA)と
突発性後天性網膜変性症候群(SARDs)の二つになります


いずれも網膜の細胞がダメージを受け、変性して失明に至る病気です


まず進行性網膜委縮(以下PRA)は
網膜の細胞が変性して徐々に死んでいく為、網膜が少しずつ薄くなっていきます

犬は、網膜の裏にタペタムと呼ばれる反射板があるのですが
網膜が薄くなるとタペタムに反射した光が強く返って来る為
目がピカピカしているような状態になります。目視だけでも分かるくらい光ります


これはね、網膜剥離でも見られる現象なんです。。。



しかし、アルビノなど色素の無い犬には、タペタムが無い為
全ての犬に目がピカピカ光る状態が見られる訳では無いそうです


PRA の細胞変性のスピードは、急激では無いのですが
発症すると数ヶ月から数年で失明してしまいます
進行はタイプや個体による差が大きく
早い場合には1歳ぐらいで発病して、2歳ぐらいには失明するケース
もう少し歳をとってから発症し、数年かけて見えなくなっていくというケースもあります

いずれにせよ、PRAはどのようなタイプであっても、少しずつ目が見えなくなっていき
いずれ完全に見えなくなってしまう病気です


PRA の中でも、犬は桿体細胞と呼ばれる、暗い所で物を見る時に働く細胞から変性が始まり
その後、明るい所で働く錐体細胞へと変性が進んでいく場合が多いそうです


ですので、初期には暗い所で見えにくくなるという夜盲の症状が見られます
日本で発症の多いダックスのほとんどは、まず暗いところから見えなくなるこのタイプです



同じ網膜の病気でも PRA と対照的なのが、突発性後天性網膜変性症候群(SARDs)になります


突発性後天性網膜変性症候群(以下、SARDs)は
急激に網膜の細胞が死んでいってしまう病気です

発症すると数日から数週間で失明してしまいます
SARDs は、PRA のように網膜が薄くなったり目が光るといった症状が初期に出ない為
診断が難しい病気です

普通に眼底検査をしただけでは、この病気かどうかを判断する事は出来ません
診断には、網膜電図検査という特殊な検査が必要になってきます

心電図のような検査で、目に電極をつけて光を当て、網膜の働きの様子を波形から診断します


前にも何度も書いたけど、白内障の手術をする前には
この網膜電図の検査をするんです

この検査で、網膜がうまく機能していなければ、手術をする意味が無いから。。。



PRA と SARDs にはどのような違いがあるのでしょうか

両者を比較してみますと、失明に至るまでの進行スピードが異なります
PRAは徐々に、SARDsは急速に病気が進みます

また、PRA の発症年齢は、3ヶ月齢から16歳と幅広いのに比べ
SARDsは、6歳から10歳くらいまでの中年齢の犬に発症し、若い犬には発症しません
高齢の犬にもあまり発症しません


また、PRA も SARDs も目が見えなくなるという点で、生活にある程度支障が出て来てしまいますが
網膜剥離と同様に痛みがある病気では無いそうです


ただし、PRA に関しては、白内障を続発してしまう事があります
変性した網膜の細胞から出てくる物質が、水晶体に悪影響を及ぼしてしまう為です
白内障自体も痛い病気ではありませんが、そこから炎症を起こし
更に、緑内障を起こして痛い病気になってしまう可能性があります



網膜変性症は遺伝性疾患。。。

網膜変性症は、ほとんどの場合、遺伝性の病気です
遺伝的にPRAを発症しやすい犬種は、ミニチュアダックス、ミニチュアシュナウザー
ラブラドールレトリーバー、ポメラニアン、プードル、ヨークシャーテリアなどがいます

SARDsに関しては、やはりダックスが多く、他にはマルチーズ、ミニチュアシュナウザー
シーズー、ポメラニアン、パグなどが挙げられます

とは言え、これらの病気はどのような犬種にも起こりえますので、好発犬種で無くても油断は出来ません
また、いずれの網膜変性症も、ミニチュアダックスに非常に多いのが日本での現状です


このような状況は日本だけであり、アメリカやイギリスにおいては
ミニチュアダックスフントのこれらの遺伝性疾患はほとんど淘汰されたそうです


アメリカやイギリスでは眼科検診や遺伝子検査などをしっかり行い
病気の遺伝子を持つ犬を繁殖しないようにしたおかげで、淘汰された病気もあります
残念ながら現在の日本ではまだ残っていますが、皆で協力していずれ淘汰出来たらと思っています

その為には、これらの病気を発症した犬は絶対に繁殖させない事
そして、先ほど挙げました罹りやすい犬種は遺伝子検査が出来ますので
繁殖をする前に検査を受け、発症の可能性がある場合には繁殖を避けていただく事が大切になります



いつも思うんだけど、日本はもっと海外を見習うべきだよね。。。
こないだもTVでやってたけど、ペットショップで生体扱ってるの信じられないって
ドイツの人達が言ってました。。。

ちょっと話が反れちゃったけど。。。セミナーの内容に戻しますね。。。


網膜変性症に対処していく為には。。。

網膜変性症も緑内障と同様に、有効な治療方法がありません
では、症状が出る前に出来る事には何があるのでしょうか

早期発見する事で、ある程度病気の進行を抑制する事が出来るかもしれませんが
基本的には治療方法が無い病気です

ですので、根本的に病気を減らしていく為には、症状が出ていなくても遺伝子検査を受け
繁殖の段階で予防していく事が必要とされてきます

また、SARDs は急激に目が見えなくなるのですが
PRA はゆっくりと進行していきますので、その間に、愛犬が失明してしまった時の為の準備をする事が出来ます
目が見えなくなった犬をどのようにサポートし、どのように暮らしていけばいいのかという事を
勉強していただく時間を作っていただきたいたいと思います


白内障、緑内障、そして網膜剥離と同じように
網膜変性症についても眼科検診を受けて早期発見する事が大切です

ご自宅で気付く為のサインとしては、PRA は夜盲から始まる事が多いので
夕方や暗いところで物にぶつかるようになる、おもちゃで遊ばなくなる
おやつに気がつかなくなる、瞳孔が開きがちになるといった症状が見られます

SARDs は、急に物にぶつかるようになる、急に動きが悪くなるといった症状が見られます
また、理由はまだ分からないのですが、水を飲む量と尿の量が増え
食欲が増加するという症状も同時に見られることが多いです


徐々に目が見えなくなっていっても犬は普通に歩きます
ですので、 PRA の症状は、飼い主の方に「夜の散歩は嫌いなんです」「よくつまずくドジな子なんです」
「目が宝石みたいにキラキラしてるんです」など、間違えた方向に捉えられてしまう事も多々あるそうです


繰り返しになりますが、網膜変性症は発症してしまったら治療出来ない病気です
繁殖の段階で予防するしかありません

また、目の見えなくなる病気全般に言える事ですが
失明した犬に対して人間がいかにサポートしてあげるか
という事についての勉強をしていただければと思います。。。とK先生は仰っています


そして、こんな事があったそうです。。。

昔、1度だけあった事です
「残念ながらワンちゃんは失明しています」と飼い主さんにお伝えしたら
「安楽死させて下さい」と言われた事があったそうです

確かに1つの考え方ではあると思うけど、K先生はそれを受け入れる事が出来なかったと。。。

ただし、飼い主の方にとっては自分の診断がものすごく重大な事だったと改めて感じ
それでは目の見えない犬と暮らす飼い主の方をどのようにサポートしていったらいいのか
という事を考えるようになったそうです

そして、犬が暮らしやすい環境を作るだけでなく、飼い主の方の気持ちを理解する事も大切だと学んだと。。。
目の見えない犬と暮らす上で、出来る事、出来ない事を知り
選択していく事で、目の見えない犬でも十分幸せに暮らせる事を理解していただきたいと切に願っていますと。。。






アクセルが眼の病気になった時、本を何冊か買いました

そうなって欲しくないと思いつつも、もしかしたら・・・この先・・・
そう考えて、トレーニングを開始したり。。。
今は、ちょっと休止中ですけど。。。(;^ω^)


今週は、毎日長々と病気の記事をアップしました
私にとっては、すごくシンドイ作業でした (;^ω^)
改めて、病気と、この先の事と向き合わなければならなかったから。。。

お友達には、私のような思いをして欲しくない!
誰かのお役に少しでもなれば・・・そう思っています


最後まで読んで下さって、ありがとうございました!








スポンサーサイト

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/13 (Mon) 15:56 | REPLY |   

ショーン  

ショーンです
犬の目の病気のことがよく分かりました
私もふぅが白内障と診断されたときにわん友さんから
PRAじゃないの? だったら手術してもダメだよって
強くアドバイスいただきました
交配する前に良心的なブリーダーなら必ず遺伝子検査を
するそうですが、金儲け目的の多くのブリーダーは
知ったことか、なのでしょうね
ごく簡単な検査で将来の災禍を根絶やしにできるのに・・
悔しいですよ、日本は後進国なのか

2017/02/13 (Mon) 18:42 | EDIT | REPLY |   

アクセルママ  

♪ 鍵コメTしゃん ♪

おはよわーんこ(*'ω'*)
こちらこそ、毎日長い記事を最後まで読んでくれてありがとうございました!
少しでも検査の必要性に興味を持って貰えた事、いざという時の病院を探してくれた事
嬉しく思っています♪
でも何よりも1番は、病気にならない事ですよね。。。
可愛いお友達が元気でいてくれる事を願っています!
そして、アクセルも頑張りまーす!

こちらこそ、これからもよろしくです♡

2017/02/14 (Tue) 08:57 | REPLY |   

アクセルママ  

♪ ショーンしゃん ♪

おはよわーんこ(*'ω'*)
毎日長い記事に、最後まで目を通して下さってありがとうございました!

ホント、そうですよね。。。
ブリーダーさんが全て悪いとは言わないけど
結局、「命」を商売にしているという事には変わりないし
素人でも「この仔の子供を見たい」なんて言って交配させようとする人いますもんね。。。

後天性の病気は仕方ないにしても、先天性のものは防げるんですからね。。。
政治家の中には、動物の殺処分や保護動物の事を考えてくれる人は
誰一人として居ないんでしょうかね。。。

2017/02/14 (Tue) 09:03 | REPLY |   

Post a comment