flower border

本日、アクセル全開!

元気で可愛いトイプードルの女の仔♪アクセルの日記です

4つの進行ステージ。。。

Category〇 闘病日記 〇
前回の続きです。。。



白内障という病気を知る為に、病気の原因を知る事は大切ですが
とは言え、遺伝性のものなど発病を食い止めるのが難しいケースもあります
もし白内障になってしまったら、どのような処置が必要とされるのでしょうか


「白内障=すぐ手術」というわけではありません
白内障には4つの進行ステージがあり
そのステージによって何をすべきなのかが決まってきます

ですので、まずはどのステージにいるのかを診断する事から始めます


【 白内障のステージ:目の状態 ⇒ 処置方法 】

① 初発白内障:ほんの少しだけ症状が出ている状態、目は見えている ⇒ 進行予防

② 未熟白内障:初発白内障から症状が全体に広がった状態、目はまだ見えている ⇒ 進行予防、手術検討

③ 成熟白内障:未熟白内障が更に進んだ状態、目はほとんど見えていない ⇒ 手術、消炎治療

④ 過熟白内障:白内障が引き起こす炎症を続発している状態、目はほとんど見えていない
  もしくは視覚回復の可能性を失う ⇒ 可能なら手術、消炎治療



受診しに来る白内障の犬で、圧倒的に多いのは成熟白内障のステージで
手術あるいは消炎治療をする必要がある状態です

成熟白内障では強い混濁と、皮質と核の膨化が水晶体全体へ広がる為
視覚障害が出てきます

水晶体に栄養補給する眼房水が、水晶体の中にたくさん入りすぎてしまう事で
水晶体が変形し、膨らんでいる状態になっています

水晶体が膨らんだ状態でいると、そのうち水晶体の壁の役割を持つ嚢がはり裂けてくる為
水晶体の中にあるタンパク質が外に漏れ出すようになります
この外に出てしまったタンパク質が、炎症を誘発する為に
ほとんどのケースで目の中の炎症の続発がみられます

過熟白内障では、水晶体内容が溶けている状態で
水晶体内容は水晶体嚢を通して眼内へより拡散しやすくなっており
より炎症が起こりやすくなります


水晶体のタンパク質が外に出る事で炎症が起こるのは、免疫反応の為です


この免疫反応による炎症は、ぶどう膜(脈絡膜・毛様体・虹彩の総称)全体に起こる為
ぶどう膜炎と言います

ぶどう膜炎は様々な原因があるのですが
白内障が原因となるものは、水晶体原性ぶどう膜炎と呼ばれています

水晶体原性ぶどう膜炎は、発症すると目が痛くなります
また、長引くと、白内障手術の適応外となります
成熟白内障だけの場合より、目の濁りが全体に強くなり
白目が赤い、瞳孔が小さいといった症状が見られるようになります



何となく目が白く濁っているからというより
目を痛そうにしている様子が気になり、来院するケースが実際には多いそうです
更にそのような犬を診察すると、白内障に続発して
ぶどう膜炎を起こしているケースが非常に多いといいます

また、同時に、まさかウチの犬が白内障になっていたなんて・・・と
飼い主さんが驚かれる事もとても多いそうです



成熟白内障が更に進行した過熟白内障では
膨化した皮質と核が溶けて液化し、嚢の変形など構造上の変化が起こり
水晶体の中のタンパク質が外に漏れ出していくとともに
膨化していた水晶体は薄くしぼんでいきます


過熟白内障のステージでは、水晶体原性ぶどう膜炎を合併している事が多く
まずその治療を行います

緑内障や網膜全剥離など別の疾患を発症していない状態で
可能であれば手術となりますが、成熟白内障と比べると手術の適応外となる事も多いです

ですので、白内障が進行する前に手術を検討する事が重要となってきます
そして、もし手術を受ける場合にはぶどう膜炎があるのかどうか
ある場合には、ぶどう膜炎の治療をしっかりと行ってから手術に臨む事が大切になってきます


通常白内障は、「水晶体の膨化 ⇒ ぶどう膜炎+皮質・核の融解」
という経過をたどって進行し、目がほとんど見えなくなったり、失明したりします

しかし1度完全に失った視力を、視力障害は残りながらも奇跡的に取り戻す事が非常に稀にあるそうです


どの犬も視力を取り戻してくれればいいのですが
残念ながらほとんどの犬はそのようにはなりません
ですのでやはり、白内障に対しては緊急的に対応する事が必要だとF先生は仰っています





まだまだ続きます。。。










スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment