flower border

本日、アクセル全開!

元気で可愛いトイプードルの女の仔♪アクセルの日記です

もしかしたら、これから向き合う事になるかもしれない事実・・・②

Category〇 闘病日記 〇
昨日の続きです。。。



緑内障にはステージがあり、ステージによりまるっきり違う病気といえるくらい
大きく治療方法が変わってきます


3つのステージに分かれるのですが、処置方法の違いから大きく2つに分類されます

ひとつは急性期と亜急性期、もうひとつは慢性期です



【 緑内障のステージ:目の状態 ⇒ 処置方法 】

① 急性期(初期):発症直後、とても目が痛い状態、目はまだ見えている

  ⇒緊急の治療が必要。点眼または手術



② 亜急性期(中期):発症から少し経った時期、まだ目は見えている

  ⇒緊急の治療が必要。点眼または手術



③ 慢性期(末期):眼球が大きくなっている状態、頭や目の奥が痛い状態
  目は見えず、視力は回復することがない
  
  ⇒痛みのコントロールや美容的外観を維持するような点眼または手術



緑内障は視力を失う病気なのですが、急性期はまだ目が見える状態にあります

しかし、1分でも1秒でも早く眼圧を下げる治療をしないと
あっという間に目が見えなくなってしまうくらい進行がとても早い病気です

急性・亜急性のステージでは、何とかして視力を維持するために緊急的な治療が必要になります
とにかく少しでも早く眼圧を下げ、その後は徹底的に眼圧をコントロールするような治療を続けていきます


治療方法は、亜急性期と慢性期を境にまったく異なってきます


眼圧が上がってから1週間、2週間と時間が経ち
眼球が大きくなる慢性期では、頭が痛い、眼の奥が痛いといった痛みを取り除く治療や
大きくなった目を小さく戻すといった、慢性的な症状に対する治療方法になります

慢性期に入ってしまうと視力は戻りません
ですので、緑内障は出来るだけ早く見つけて、出来るだけ早く治療する事が
とても重要な病気だという事を覚えておいていただきたいと思います


その為には、やはり、ご家族の方よる目のチェックや
病院で目の検診を受ける事がカギとなってきます


また、緑内障を発症する前から眼科で検診を受けておくと
急性期になりそうな段階で発見する事も出来ます



緑内障の症状が出る前に出来る事。。。

緑内障を発症する前に、具体的には何が出来るのでしょうか


白内障と同じように緑内障も遺伝的な要因が強く
緑内障になりやすいとされる犬種がいます

実際に、診察した緑内障の犬の犬種別頭数を調べてみたのですが
上位3犬種は、それ以下の犬種と比べて、とても多い事が分かりました

中でも圧倒的に多かったのが、柴です
次に、アメリカン・コッカー・スパニエル、3番目がシー・ズーでした

北米のデータを見ますと、バセット・ハウンドやチャウ・チャウ、シャー・ペイなどにも多く発症しています
ボストン・テリアやサモエドなども比較的多いかと思います

他にも、秋田、ジャック・ラッセル・テリア、ミニチュア・プードルなど
多くの犬種で遺伝的になりやすい傾向にある事は、あまり知られていない事だといいます


遺伝的に発症しやすい犬種では、眼房水の出口である隅角が
とても狭くなっている事が多く見受けられます


隅角が狭いからといって、すぐに緑内障になるわけではないのですが
そのような状態でいると、いずれ緑内障になると考えられます


隅角の状態をチェックするのは、特殊な検査法になりますので
眼科の診察が出来る設備がある病院で受けていただく事になるかと思うのですが
症状が何もなくても、隅角の状態を確認しておく事が大切です


その結果、もし隅角が狭い事が分かったら
早い段階から、緑内障の予防薬を使う事で発症予防に繋げられます


緑内障の発症は、5~6歳からが多いのですが
とりわけ先ほどの上位3犬種については、もっと早い段階
1~2歳くらいで隅角のチェックをして
隅角がどのような状態になっているかを、確認しておいていただきたいと思います


緑内障を診断するには、隅角の状態、神経の状態眼圧を測るなど
いろいろな検査をする必要がある為、比較的難しい診断になるそうです







あと1回、続きます。。。
スポンサーサイト

8 Comments

mozuハハ  

ママしゃん、ありがとー!
とっても勉強になるよ!!
いつでも起こりうる事。。
飼い主もいつまでも無知ではいられないよね。。
次も勉強させてもらいますっ^^

アクセルたん、ニカニカ笑顔だね♪
この笑顔に救われるよねー☆

2017/02/03 (Fri) 13:22 | REPLY |   

アクセルママ  

♪ mozuハハしゃん ♪

こんぬつわーんこ(*'ω'*)

病気になってからじゃ遅いんだって、頭では思っていても
実際は病気になってから初めて「あ・・・」って思う事ばかりな気がします。。。

きっと、うちの仔は大丈夫ーって思ってる人も多いかと思うけど
私は、専門医による眼科の検診も受けて欲しいなって思うんだー

ただ、隅角の検査を含む網膜電図の検査は
鎮静剤を使って、眠らせての検査なので
健康な仔の場合(眼の病気の疑いが無い)、そこまでしなくても・・・って
きっと思っちゃうと思うんですよね。。。


ありがトゥーーーーーン♡
この笑顔をずっと見てたいよ♡

2017/02/03 (Fri) 13:39 | REPLY |   

キャンディまま  

そうだね、何事も健康な内に検診するのがベストだね。
普段行ってる病院ではそこまで出来ないだろうから
専門医となると億劫になってしまいがちだもんね。
遺伝性の病気ってわんこには多いよね。。。
キャンディも5歳過ぎたから、これまでしている半日ドックに
追加で色々考えなきゃだね。
ありがとう。

2017/02/03 (Fri) 15:50 | EDIT | REPLY |   

アクセルママ  

♪ キャンディまましゃん ♪

こんぬつわーんこ(*'ω'*)

なかなかね、何も悪いとこ無いのに専門病院に行こうって思わないもんね

私も、5歳になったら真剣に考えて(保険の事もね)
6歳くらいからイロイロ検査して貰おうって思ってた矢先だったので。。。

専門病院も、身近にあればいいんだけど
県内に無い!っていう場所が多いからね。。。
実際、なかなか足は向かないよね。。。

2017/02/03 (Fri) 16:08 | REPLY |   

ショーン  

ショーンです
知らないことばかりです、緑内障
白内障もそうでしたけれどね
私の場合はひょんなことでふぅの白内障に
気づけて、すぐ手術と叫んだ若い医師を捨てて
フォースオピニオンで今の先生と巡り会えました
早く病気を知ることは大きな力ですよね
次回最終話も楽しみにしております

2017/02/03 (Fri) 22:03 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/03 (Fri) 22:17 | REPLY |   

アクセルママ  

♪ ショーンしゃん ♪

おはよわーんこ(*'ω'*)
お返事が遅くなってしまいすみません(>_<)

そうですね。直面しないと知らない事ばかりです、私も。。。

仮にこの病院!って決めていても、実際行ったら何か違うかも?って感じるかもしれないし
評判とか、口コミとか、今は情報がイロイロ多過ぎる事も
病院選びに迷ってしまうかもしれません
けど、悠長にしてられない場合もありますし、難しいですよね

2017/02/06 (Mon) 09:00 | REPLY |   

アクセルママ  

♪ 鍵コメSしゃん ♪

おはよわーんこ(*'ω'*)
お返事が遅くなってすみません(>_<)

土日でだいぶ胃の痛みは引きましたが
また月曜が始まったので、どうなる事やら(;^ω^)
週末は求人広告を眺めては溜息をついてました。。。

イロイロとアドバイスや貴重な経験談をありがとうございます(ノД`)・゜・。
今後もイロイロとお話聞かせて下さいませ。。。

2017/02/06 (Mon) 09:04 | REPLY |   

Post a comment